スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな本あるよ@北海道『トヌペカ ランラン』謡うのです。カムイが…。 #hkdshiryo

今日は、どうもアイヌ語の響きにやられている感じです。

書名:トヌペカ ランラン
巻号:ちりゆきえのアイヌしんようしゅうより
著者名:かいせ みほ∥ぶん・え
出版者:アイヌ文化振興・研究推進機構
出版年:2009.3
ページ:26p
大きさ:30cm

平成20年度の「幼児向け絵本」原作募集の最優秀賞に選ばれた作品を補作して絵本した作品とあります。
著者のかいせ みほ さんは、福島県の方のようですが、
イメージを膨らませて書いたのでしょうね。
きり絵を思わせるような、クッキリとした黒色使いが印象的です。

原作は、知里幸恵さんの「アイヌ神謡集-沼貝が自ら歌った謡」です。

沼貝のカムイ(神様)が、謡っているのですよ…ランランランなのです。

コメント

非公開コメント

アイヌ語の響き

kuwa20102さま
お久しぶりですtoyon0826です。
『トヌペカ ランラン』わたしも読んでみたいです。
このアイヌ語の響きで思い出したのが、OKI DUB AINU BAND のことです。わたしはCDしか聞いたことないですが、ライブもすごくいいらしいですよ~。
こんな本あるよ@投稿
出版情報などをお寄せください!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。