スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目次をパラ見しただけで読みたくなる!『貸本屋独立社とその系譜』 #hkdshiryo

北海道の図書館の発展もなぞらえながら読める一冊。
図書館を「無料貸本屋」とのたもう方々もおられるが、
貸本屋を侮ってはなりません。
貸本屋には、明治、大正期、知識を求める人々が絡み合っているのです。

『貸本屋独立社とその系譜』〔北方新書 011〕藤島 隆/著
北海道出版企画センター 新書/225頁 定価 1,260円 1SBN978-4-8328-1005-1

【目次】

 まえがき
第一部 貸本屋独立社とその系譜
 足助素一と独立社/興膳辰五郎と独立社/田所篤三郎と創建者/
 棚田義明と再現社/奥出三郎と白羊社

第二部 北海道の貸本屋と図書館
  概説 北海道の貸本屋/素描 明治期北海道の図書館/
  旅客の無聊を慰める列車図書館/岡田健蔵―図書館にかける

随筆などにみる北海道の図書館
 あとがき

コメント

非公開コメント

こんな本あるよ@投稿
出版情報などをお寄せください!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。