スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

網走・脱獄・五寸釘…記録にはいろいろな伝説がある #hkdshiryo

久しぶりの更新です。
ちなみに本を読んでいて、降りる駅を乗り過ごした経験は、
2回ほどあります。読書週間の標語をみて。
「気がつけば、もう降りる駅」→「気がつかず、さっき降りる駅」かな。

さて、今回のご紹介は、

網走文庫の再販ですが、五寸釘一本で、6回も脱走した囚人・西川寅吉の物語です。
差別問題も孕んだ社会派と思いますが、
つい、スポーツの秋?“記録もの”?みたいな。
…でも、やっぱり違うよなぁ…。

『 五寸釘寅吉の生涯』
  -脱獄暦六回の記録保持者-
 山谷 一郎∥著 網走市 2010.5 150p/15cm 500円


『凍野の残映 -北海道人物誌-』
(北海道ノンフィクション集団∥著 みやま書房/札幌 1982)
にも、「獄の軽業師 五寸釘寅吉の執念」( 川嶋 康男著)が
あります。

スポンサーサイト
こんな本あるよ@投稿
出版情報などをお寄せください!

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。